月曜日, 8 月 03rd, 2009 | Author: djodjo

Perlを好く使うんですが、Vimとかemacsとか使いこなせないんで、Windowsで開発してます。(笑)
で、PerlはActivePerlを使ってたんですが、Strawberry Perlって環境もあるときき試してみることに。最近買った、モダンPerl入門 (CodeZine BOOKS)
って本で知りました。(遅いかっ!)

インストール手順

strawberry-perl-for-windows

  • ダウンロード
    http://strawberryperl.com/から5.10系か5.8系を選んでダウンロード
  • exeなのでそのままインストーラを実行
  • 試した5.10は特に選択肢もないままインストール完了
  • インストール先
    • c:\strawberry\
    • Perl.exeなど:c:\strawberry\perl
    • DLLやgccなど:C:\strawberry\c
  • 環境変数PATH
    • c:\strawberry\perl\binとC:\strawberry\c\bin
    • perlとDLLへのパスとなる。
    • 追記!!!効果のほどはわかりませんがいかもPATHに追加しておく
    • C:\strawberry\c\mingw32\bin
    • 結果PATHは
    • C:\strawberry\c\mingw32\bin;c:\strawberry\perl\bin;C:\strawberry\c\bin
    • となった

感想
まず、gccやDLLを内包しているという点は結構大きい。
開発をwindowsで行っても実際に本番サーバはLinux系のことが多いので、各種ライブラリはやはりCPANから持ってくる。まれに、というか結構ActivePerlのPPMには存在しないものもあり、結構面倒なのでこれはすごくイイ
インストール先がc:\perlでないのもOK。インストール先の選択肢が無く一瞬あせったが、 ちゃんとかぶらないようになってた。ウレシイ
ちなみに、ActivePerlと共存させるため、シンボリックリンクでc:\perlを作ってみました

Category: Perl
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply